2007年12月21日

テイコンサービスの5大ニュース

今年も残すところ僅か、新聞紙上では10大ニュースが掲載、振り返るとあんな事、こんな事が・・・いつもながら?明るいニュースは少ない様に思えました。あやかりテイコンサービスでも担当スタッフ、管理スタッフ合同で慎重審査の上、5大ニュースを決定したので発表です。
1位 ホームページ公開
広く社会に貢献したく広告媒体の充実を図りました。
2位 スタッフ体制の充実
お客様へのサービス向上のため有資格者をはじめ多数のスタッフ登録を得るとともに、マナー向上・安全衛生講習会を開催しました。
3位 お客様からのお礼状
チャイルドケアサービスにおいて、お子様の急な発熱時の迅速・的確な対応にお客様からお褒めのお言葉を頂きました。担当スタッフはじめ一同感激とともに仕事への充実感をおぼえました。
4位 OA機器の整備完了
社内の共有ネットワークはもちろん、転送システムを確立、お客様へのリアルタイムな連絡体制が図られました。
5位 営業範囲の拡大
従来は東京・埼玉のお客様への対応が主でしたが、今年は神奈川・千葉からの問合せも増えスタッフ体制の充実と相まって、よりスムーズな対応が可能になりました。
あとがき
今年もテイコンサービスはチャイルド・シニアサポート、家事代行にとお客様に支えられサービス提供をさせて頂きましたが、なにはともあれ無事故・無災害で終える事ができそうです。お客様はじめ皆様に感謝、感謝です。
・・・みなさま良いお年を・・・

2007年12月13日

お正月は手作りおせちに挑戦(第2弾)

お正月レシピ第2弾は前回同様、巻物にこだわりました「昆布(こぶ)巻き」です。
こぶ巻きは祝い事には欠かせない縁起メニューです。先日おばあちゃん(うちの知恵袋)に聞いたり、記事を参考に一緒に試作品(主素材はニシンが多い様ですが鶏肉を使いました)に挑戦したので紹介です。

「材料」(4〜5人分)
● 鶏もも肉 300g
● こぶ 約 100cm
● かんぴょう15本
● にんじん 5cm×15cm×12本
○ 酢    大さじ1 ○ 砂糖大さじ3
○ しょうゆ 大さじ3 ○ みりん大さじ3
「作り方」
1 こぶは表面をふきんできれいにふく。水5カップのバットに約10分位ひたし水気をふく※もどし汁はとっておく
2 にんじんは水で5〜6分かためにゆでる
3 かんぴょうはさっと洗い2〜3分ゆでる
4 ラップに鶏もも肉100g(全量の1/3)を5cm幅になるように横に広げ 2 のにんじん4本を手前において、肉ごときつめに巻きラップで包む、同様にあと2本つくる
5 こぶは3枚一組で縦に少し重ねて並べ、ラップをはずした 4 をのせて手前から巻き、中央、左右の順にかんぴょうで結ぶ
6 なべに 5 を並べ入れ、こぶのもどし汁と酢を加え、中央に穴をあけたアルミホイルの落し蓋をし、弱火で約20分煮る。こぶがやわらかくなったら、砂糖、しょうゆの順に加え、煮汁が1/3になるまで煮る
7冷めたら食べやすい大きさに切り分ける
「コツ」
 〃榮でにんじんをしっかり巻くとこぶも巻きやすい。こぶは3枚を一組にし、端が少しずつ重なるように縦にならべ、のり巻きの要領で巻く
◆,んぴょうは中央を巻き、続いて等間隔で左右を結ぶ。煮るとこぶがふくらむので、ややゆるめが良い
 なべの直径に合わせてアルミホイルを切り、中央に穴をあけた落し蓋をし、わらかくなるまで弱火でじっくり煮る
ぁ,海屬やわらかくなったら調味料を加え、煮汁1/3ほどになるまで煮て、そのまま冷ます。冷めてこぶがしまったら、取り出して切り分ける

これで完成です。お味は保証しかねますがせひ挑戦してみて下さい。
(スタッフK・S)

2007年12月5日

秩父の夜祭り手記

テイコンサービスのスタッフAさんご家族が12月2〜3日開催の秩父夜祭り観光にお出かけ、手記が届きましたのでご紹介です。
日本三代曳き祭り一つと言われる祭りです。念願かない行って来ました。
夕刻到着、沿道には大勢の観光客で場所取りが大変でした。さっそく、見物、宵宮で豪華な屋台曳きが多数出陣、踊りも披露たくさんの拍手がおくられました。
気が付くと小腹が空き秩父名物の手打ちそばでもと思い行列覚悟で老舗ののれんをくぐり、あったかおそばを注文、聞きしに勝るお味でした。食べ終わる間際ドドーンの音が・・・打ち上げ花火の開始です。冬の花火もなかなかおつなものです。
屋台山車と創作花火のすばらしいコントラストに感激しながら帰路につきました。

 
ホームページ制作はオールインターネット